お知らせ

国立がん研究センターと内視鏡レンズの「汚れ」を防止する材料研究開発の共同研究契約を締結

インテリジェント・サーフェス株式会社(千葉県柏市 代表取締役:切通義弘、以下 当社)は、国立研究開発法人国立がん研究センター(東京都中央区 理事長:中釡斉、以下 国立がん研究センター)と、内視鏡の「汚れ」を防止する材料研究開発の共同研究契約を締結いたしました。
当社では、医療機器表面に起因する血栓生成や炎症反応、タンパク質吸着などの課題を解決すべく、生体親和性材料「MPCポリマー」を開発しています。この度、当社は、本共同研究契約に基づき、国立がん研究センター東病院と内視鏡検査・治療現場の未解決課題である内視鏡の汚れを防ぐためのMPCポリマー研究開発について、机上実験や動物実験を通じた有効性等の評価、臨床評価等を共同で実施いたします。
詳細は以下のリリースをご覧ください。

▶︎ニュースリリース(PDFダウンロード
▶︎ニュースリリース(PR Times 配信


▶︎ニュースリリース(PR Times 配信)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000042377.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です