Intelligent Surfaces

MPCポリマーの特徴(生体親和性)

 医療機器は様々な材料で構成されていますが、一般的な材料表面では、生体成分が接触すると直ちに生体反応が引き起こされ、下図のようにタンパク質吸着血小板粘着により、細い人工血管の場合では、最悪の場合、詰まってしまい、機能を果たさなくなってしまいます。

MPCポリマー1

 MPCポリマーを構成する基本ユニットであるMPCモノマーは、生体膜表面に豊富に存在するリン脂質極性部位と、汎用プラスチック原料であるアクリルの重合性部位を併せ持つことから、様々な機能性モノマーとの共重合体が合成可能です。

MPCポリマー2

 MPCポリマーでコーティングされた材料表面は、生体成分からは生体膜と認識されるため、材料表面が生体膜表面と同等の機能を発揮することになります。

MPCポリマー3

 MPCポリマー表面のタンパク質非吸着性、防汚性について、動画で説明いたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 04-7168-0390 受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.